ヒンダローペンの歴史

             
  English here





 

    ヒンダローペンはオランダ北部の小さな町の名前です。
     町は13世紀の初めに設立され、ハンザ同盟のメンバーで世界中へ交易していました。
  ペインティングの歴史は17世紀の終わり頃まで遡ります。
     ヒンダローペンの住人達は木片、彫刻品、家具などに絵付けを始めました。
   18世紀は オランダの国の発展と共にヒンダローペンの商業、文化も最盛期
       を経験しました。
 
    19世紀に入り 多くの戦争により、ヒンダローペンの装飾家具の維持が出来ず 
      下降の一途をたどります。
  19世紀の終わり頃 装飾家具の展示会が行われ、この行事が再発見となり
      ヒンダローペンの芸術を再び生き返らせることになります。
 
    その後芸術家達が絵画学校を設立し、弟子を増やしこの伝統芸術を現在に伝えています。